日々のこと

ライトニングをタイプCに変換するには?iPhoneのイヤホンをMac/iPadで使う方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

しばらく使っていなかったBluetoothのワイヤレスイヤホン。

タンスの肥やしにするくらいならメルカリしようと考え、手放すことにしました。

でもその直後、パソコンで動画講義を観ることになり、イヤホンが必要な状況に・・・

あい

むかしiPhoneに付いていたイヤホンを使えないかな?

そう考えてパソコンを確認すると・・・

あい

イヤホンのライトニング端子を入れるところがない!

わたしのパソコンはMacなので使える端子はタイプC。iPhoneのイヤホンの端子はライトニングなので、そのままではMacでiPhoneのイヤホンは使えません・・・。

あい

どうしたらいいの・・・?

ワイヤレスイヤホンを手放した直後だったこともあり、新たにワイヤレスイヤホンを買うのも気が引ける・・・。

今日は、そんな悩みに直面したわたしの解決方法を解説します!

この記事でわかること

  • ライトニング端子をUSB-Cに変換して、iPhoneのイヤホンをMacで使う方法
あい

あるものを使えば、眠っていたiPhoneのイヤホンを使えます!新しいイヤホンを買うより安いかも!

iPhoneについていたイヤホン

むかし、iPhoneを買うと付いてきたイヤホン。

最近はワイヤレスイヤホンが主流になって、iPhoneにもイヤホンが付いてこなくなりましたよね。

でも、iPhoneに差し込むだけで使えるし、iPhoneを取り出さなくても音量調節ができるので、とっても使い勝手の良いイヤホンでした。

そんなイヤホン。普段はワイヤレスイヤホン派だけど、壊れたとき用に予備として保管している人も多いのではないでしょうか?

あい

わたしも、iPhoneのイヤホンは予備として保管していました!

実は先日、しばらく使わなくなっていたワイヤレスイヤホンをメルカリで手放したところだったんです。

その直後、仕事の関係でパソコンで動画視聴をしなければならなくなり、どうしてもイヤホンが必要な状況に・・・。

あい

手放したばかりだけど、新しいイヤホンを買うしかないのか・・・。

AirPodsにする?SONYにする?と、色々検討しましたが、ワイヤレスというだけで結構お値段が張るんですね。

そこで、保管していたiPhoneのイヤホンを使えないかと考えました。

Macでも使えるようにするには?

iPhoneのイヤホンがあったことを思い出して接続しようとしてみたけれど、イヤホンの端子はライトニング。一方のMacはタイプCです。

このままではiPhoneのイヤホンをMacに接続できないため、ライトニングをタイプCに変換するアダプタを探すことに。

Amazonをウロウロしていると、1,000円以下で色々な変換アダプタがありました!

あい

でもよく見ると、オーディオには使えないというレビューが・・・

安くてもオーディオに使えないのは困るので、さらに探すことに。

Google検索していると、こんな記事を見つけました。

AnkerからLightning端子イヤホンをUSB-Cに変換する「USB-C & ライトニングUSB オーディオアダプター」が発売開始

ついに見つけました。オーディオでも使える変換アダプター!

2019年の記事ですが、わたしと同じような悩みを持ったユーザー向けに販売された商品でした。

3,000円近くするので少し値が張りますが、MFi認証も付いていて品質は安心できそう。メーカーはかのAnkerです。

ライトニングをタイプCに変換できるアダプター

ホワイトの他に、ブラックもありました。

早速接続してみます。

Macで古いAppleのイヤホンを使うためのアダプター

主張しないデザインで、純正品との相性もバッチリ。もちろん、音声もちゃんと聴こえました!

少しお値段は張るけれど、新しいワイヤレスイヤホンを買うよりは安くすみました。

なにより、眠っていたiPhoneのイヤホンをMacでも使えるようになって大満足です!

あい

新しいイヤホンを買うところでしたが、慌てて買わなくてよかったです!

接続するときの注意点

AnkerのアダプタのおかげでiPhoneのイヤホンがMacで使えるようになりましたが、ひとつ注意点があります。

iPhoneのイヤホンをMacで使うためには、簡単な設定が必要です。

あい

差し込むだけでは使えるようにならないんです!

やり方はかんたん!

「コントロールセンター」の「サウンド」から、出力先を「ライトニングオーディオアダプター」に設定してくださいね。

あい

ちなみに、わたしのiPadは接続しただけで使えました!

充電用としては使用できないので、注意が必要です。

まとめ

今日は、ライトニングをタイプCに変換して、iPhoneのイヤホンをMacで使う方法を解説しました。

端子の形状が違うので、わたしのMacでは使えないのかと諦めかけたiPhoneのイヤホン。

今日ご紹介したAnker製のアダプタを使えば、MacやiPadでもちゃんと使えます!

わたしのように手放してしまったあとにイヤホンが必要になった人や、ワイヤレスイヤホンが急に壊れてしまった、なんていう人も。

慌てて新しいイヤホンを買わなくても、Ankerのアダプタを使えば、自宅で眠っているiPhoneのイヤホンを活用できますよ!

iPhoneのイヤホンがMacやiPadで使えなくて困っている人の参考になれば嬉しいです!

あい

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA